2006年08月04日

IPTについて・・・

帰国後、案の定バタバタですがIPTの事を書かなくては・・・。
何て言うか、説明が難しいんだけど・・・やっぱり凄かった!
ビリヤードに携わる者として、これは成功させなきゃいけないと思いました。
以前からIPTは一つのネタと言ってきましたが大きなネタです。
もちろんIPTが全てでは無く、色々な方向から攻めなきゃいけないんだけど
IPT自体が色々な方向に展開している。すでにしている。
これは認めなきゃいけないと思います。

一番のポイントは、彼らは世間と戦おうとしている所です。
業界的には世界連盟との問題がポイントになりがちですが、ビリヤード業界内の事は、いくらでも解決できると言うのがIPTの考え方だと思います。
これだけの事を起こしているんだから内側の問題より2年間でいかにスポーツビジネスとして成立させるかに全てをかけている状況だと思います。

今回、各部署の代表者とミーティングしてきましたがビリヤードに対する
リスペクトは十分に感じたし、すんごい働いてましたよ。プロとして!
posted by ISO at 04:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。