2006年06月19日

IPTの光と影

え〜っと大げさなタイトルですが・・・。
IPTに関して、NA-13を終えて感じた事は色々あります。
昨年からIPTに関して良い噂や悪い噂がありますが、雑誌だけの情報だと良い
話しばかりです。噂話的には不安要素ばかりです。
実際、NA-13をやる事が決まってからも関係者の方々からアドバイスや心配
していただいたりしました。まぁCUE'Sにも書きましたが、このネタをスルーしたら、これまで言って来た事が嘘になると思いやる事にしました。
確かにボールが来なかったことが一番分かりやすいけど、バタバタではあります。IPTから予選に関する資料が来たのも遅いし、25予選でどこまで忠実に実施されるのかも疑問であり、実際前半の予選では中途半端であったと思います。最初からそうですが、やり方も『それは言わなくていいのになぁ』的な事も多いです。
くどくど書いてますが、磯本が感じたのは『なるほどReal Pool.Real Rules.Real Money.ねッ!』って事です。
これ左から逆スライド方式になってます。高額賞金を積んで厳しいルールにすると本物のプールが観れるって事です。
NA-13の3日間サンビリ荻窪店にはRealPoolがありました。
既に9月(リノ)のWorld Openの打合せも始まっていますが、徐々に動きは加速しているように思えます。WO予選も1〜10まで発表になりました。
この後、日本が発表になると思います。IPTの発表を待ってから出します。

実際、メジャーなワールドツアーは金さえあればできる!と磯本も言ってましたが、本気でここまで動かした事は無かったともいます。
IPTの方向性は決して間違っていない!何とか2年回れば本物のメジャーツアーとなると思います。これはビリヤード界内のメジャーではなく、スポーツ界のメジャーです!
この夏、磯本は一足早くメジャーを勉強します。
posted by ISO at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19494753
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。