2007年02月04日

IPTに関して・・・

皆様からのコメント&メールありがとうございます。

現状のIPTに磯本が出来る事・・・。可能な限りの応援・・・。
ケビンから来る手紙を見る度に、彼の苦悩と「おい!おい!そう言っちゃの?」
がありますが、彼があきらめていないのは事実だと思います。
しかし、出来ていないことが沢山ある事も事実です。

ビリヤードをメジャーにしようと言う彼の思いは本物だと思います。
磯本も10年以上色々な事を言われながら挑戦して来ました。世間から認めら
れず否定的に言われるのは判っている事なので心は折れませんが、ビリヤード
の内側からの攻撃はキツイです。
今回の手紙での選手への呼びかけは悲鳴だと思います。
悲鳴をこの時期に出すのは・・・ですが。

現在、映画の準備の中で様々な方にお会いする機会があります。
IPTの現状、実績をお話してチャンスを作りたいと思っています。

お話した選手達は、何とかIPTを実現して欲しいと言う気持ちです。
予選での選手のプレーは本物でした。

規模はどうであれ、2007 IPTが開催されることを目指して!
posted by ISO at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/32874014

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。