2007年04月25日

Kevin Trudeauからの手紙 Vol.9

Dear IPT Players & Supporters,

IPTに関して最新情報を報告します。まず、IPTは終わっていません。
メージャー・プロビリヤードツアーを作り上げる夢は今も生きています。これまで我々が直面してきた障害と難点は巨大な物でした。ゆっくり、着実にIPTを進める為に、IPTのビジネスモデルを改善したり、IPTを再構築するなど様々な手段をとり、IPTの役員マネージメントチームは、勤勉に努力を続けてきました。我々も皆様と同様に、時間がかかっている事にイライラをしています。しかし、再構築・充電されたIPTツアーが近々発進されることで元気付けられるようになってください。ナポーリアン・ヒル氏(成功をテーマにする最も尊敬されているライター)の言葉で「不幸の環境には元々、またはより大きな成功チャンスの種が埋まれている」。私自信の個人な欲望と確信、ビリヤードの国際的なメージャーツアーを現実にする気持ちはさらに強まっています。特に、最も重要な最新情報は以下の通り:

・ワールドオープンの選手は毎月、または2ヶ月ごとにIPTから支払いは受け続く。次のIPT大会が開催されるまでに完全に賞金を受けるようになる。

・IPTツアーが元々の理想(希望)で再開されない場合、2007年のツアー予選大会のエントリーを払った選手にそのエントリーフィーが返済される。ツアーのトーナメント数、スケジュールなどの組み方に変化が起きる場合、その予選エントリーは全額返却されるようにする。これについて、忍耐を頂いていることに感謝しています。将来に上段に取り入れる。2007IPTツアーの今後の状況は数ヶ月以内に把握できるはずです。

あなたたちの忍耐とサポートに感謝します。失望やイライラの気分を理解します。このベンチャーに対して、誰よりもお金を掛けているのは私で、誰よりも成功させたいのも私です。

現在、ビジネスの面でいくつかの進歩が見えています。2007年と2008年のシーズンをスポンサーすることが数社のメージャー会社が検討してくれているところです。大企業がIPTを合併することも考慮されています。IPTを株式市場で公開することも可能な選択の1つです。

私は、次の大会のプレーヤーズ・ミーティングで、皆さんの前に立ち、「IPTは完全復活でHERE TO STAY!」との発表をする機会を、心の中でハッキリ見ることができます。

Kevin Trudeau
posted by ISO at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | IPT情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/39989313

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。